UQモバイルにするなら、まずauで契約したほうが良いぞ!

UQモバイル

CMでもご存じの通り、UQモバイルは2021年7月上旬からauショップ全店で取扱いするようになりました。

 

これはつまり、
auショップに行ってUQモバイルを契約することができます。
携帯の操作が分からない場合に、UQモバイルのユーザーがauショップに行ってサポートを受けることができます。
全国で2000店舗以上のau提携店を使用できるようになったことはUQモバイルユーザーにとってかなりのメリットです。

 

UQモバイル※UQモバイル公式サイトより参照

 

さて、
携帯を他社に乗り換えるときに怖いのが、
「家の中で電波が悪い。」
という問題ではないでしょうか?

 

例えば、
「SoftbankからUQに乗り換えたけど家の中で電波が悪かった。」
ということがありえます。
(UQはauの電波を使用しているため)

 

この問題は、
他社の回線を使用してからからじゃないと分からないという点が困る点です。

 

 

UQモバイルに乗り換えようと考えている方
まず、電波不良の問題をできるだけ解消してから乗り換えるのがベストだと思います。

 

 

 

結論から申しますと、

@auで契約(すでにauを使っている場合はそのまま継続利用)する。

 

A「au電波サポート24」を利用して改善機器を無料で設置する。

 

Bそのあと、UQモバイルに乗り換える

 

なぜこんなことが可能かというと、
UQに乗り換えてもauの電波の改善機器を引き続き使用できることが最近分かったためです!

 

 

 

【この記事はこんな人向け】

これからUQモバイルに乗り換えるコトを検討されいてる方で下記の点に当てはまる方。

 

・現在docomoやSoftbankの携帯電話を使用している方。

 

・格安SIM(docomoやSoftbank系列の電波を使用)の方。

 

・auを利用しているが家の中で電波が悪い方。

 

【この記事を読まなくても良い方】

・auを利用していて家の中で電波良好な方。

 

・格安SIM(au系列の電波を使用)をしており、家の中で電波良好な方。

 

UQモバイルはauの電波を使用して電話やインターネットを使用します。
しかし、UQモバイルで契約したものの【自宅での電波が弱かった】という可能性もあります。
(理由はこの後説明します)

 

 

 

自宅の周囲の状況で電波が悪くなる

UQモバイル※UQモバイル公式サイトより参照

 

UQモバイルショップに行って店員さんから
「お客さまのご自宅は電波が繋がるエリアです。問題ありません。」
と言われたとしましょう。

 

しかし、それは電波が確実に繋がるとは言えません。

 

なぜがというと、
au基地局があなたの家から問題ない距離に建っていたとしても、周りにある建物などが電波の入りを悪くしている可能性があるからです。

主に下記に上げられるものは少なからず影響します。

 

・家やマンションなどの建造物
・送電線などの鉄塔
・石垣に囲まれている
・樹木に囲まれている。

 

ショップ店員さんは
あなたの家の位置と、基地局の位置、周りの状況などは把握していません。
あくまで、エリア分布図などを参考にして述べているに過ぎないのです。

 

周りの建物

あなたの家の付近で家やマンション、ビルなど新しく建設されたりしますか?そうすると電波の入り状況も変化します。
携帯各社もリアルタイムで電波の入り状況を把握することは不可能なので、今住んでいる場所で電波が確実に繋がるとは言えないわけです。

 

送電線

UQモバイル
マンションなど比較的高い位置にお住まいの方は基本的に電波は入りやすいと言われています。
戸建ての家でも建物の2階の方が電波が入りやすいのです。
ただ、目の前に送電線などの鉄塔が建っている場合は、電波の入りを悪くする可能性があります。
とくに、マンションにお住まいの方が多いです。窓の外を見てみて、自分の目線に鉄塔や送電線など通っていませんか?
携帯各社は建物の階層ごとに電波を把握できているワケではないので、今住んでいる場所で電波が確実に繋がるとは言えないわけです。

 

石垣、樹木

UQモバイル
家の周りが石垣、頑丈で高い塀、樹木に囲まれていたりしますか?
石垣などの高さにもよりますが、石垣に囲まれた家は特に1階の電波が入らなかったりすることが多いです。
また、自然豊かな場所だと樹木も電波の障害になり得ます。
UQモバイル
「冬より夏の方が電波が悪い」という場合、夏の時期に木に葉っぱが鬱蒼と茂っているからかもしれません。
携帯各社は個人の敷地に1軒1軒侵入して電波を図ったりして電波状況を把握していることは考えられません。
よって、今住んでいる場所で電波が確実に繋がるとは言えないわけです。

 

自宅そのものが電波が悪くしてる可能性

また、あなたがお住まいの家の状態によって電波が悪くなり得ます。

主に下記に上げられるものは少なからず影響します。

 

・鉄骨や土壁造りの家。
・ガルバリウム鋼板の家やトタンで覆った家。
・断熱フィルムを使用したガラス窓など。
・シャッターを閉めている。

 

鉄骨や土壁造りの家

UQモバイル
家の材質によって電波を通しやすさが変わります。
基本的に、木造が一番電波が入りやすいとされています。
土壁は電波が入りづらいとされており、コンクリートと鉄骨の建物はもっと電波が減衰してしまうようです。
ガラスなどは電波を貫通しやすい素材とされています。
なので、コンクリート鉄骨でも窓ガラスの近くに行くと電波をよりキャッチしやすいということもあります。

 

ガルバリウム鋼板やトタン

木造だけど金属製のトタンで家を覆っているという場合も電波が悪くなる原因かもしれません。
金属製品は電波を跳ね返すこともあるからです。
最近の新築に多い、ガルバリウム鋼板も原因の一つに考えられるでしょう。

 

断熱フィルムや高性能なガラス窓など

UQモバイル
ガラスなどは電波を貫通しやすい素材とされています。ただ、全く障害にならないわけではないようです。
薄い単層のガラスの窓などはまず電波も入りやすいです。
しかし最近は断熱対策、防犯対策などで窓ガラスも進化しています。
単層ガラスより、気密性を高めた複層ガラスの方が電波を通しにくいでしょう。
断熱効果を高めるために薄い金属の膜が入ったガラス(または断熱フィルム)なども存在します。
特に注文住宅やハイクラスのマンションなどは高機能なガラス窓が採用されていることが多いようにも感じます。
窓ガラスが進化すると共に、電波が入りにくくなるのはなんとも残念ですね。

 

シャッターを閉める

UQモバイル
防犯のために、シャッターを閉めるという方もいるかもしれません。
一番電波が入ってきやすい窓ガラスを金属製のシャッターで覆ってしまうならば、電波の入口が減ってしまうわけです。

 

 

いかがだったでしょうか?
電波が悪いと感じられた方の中に上記のような状況は見られないでしょうか?
もちろん、ほとんどの方は自宅の中でも電波に問題を感じずに使えています。
悪い条件が重なり合うと、あなたが住んでいる場所だけ電波が悪いということも生じてしまうわけです。

 

 

auであればau電波サポート24が無料で使用できる。

UQモバイル※UQモバイル公式サイトより参照

 

さて、こうした状況により電波が使えない場合、何か対策はあるのでしょうか?

 

auであれば「au電波サポート24」というサービスが無料で付帯されています。
このサービスは、電波が悪い自宅に電波調査の訪問員が1軒1軒お伺いするものです。
そして、電波を改善するための改善機器を無償でレンタルできるものになります。

 

大きく分けて改善機器は2つあります。

 

・フェムトセル(小型基地局)
・レピータ(増幅器)

 

フェムトセル

UQモバイル※au公式サイトより参照
フェムトセル(小型基地局)は、簡単に言うと「家の中に基地局を建ててしまおう!」というものです。
でもさすがに、家の中に鉄塔など建てることはできませんので、だいぶ小型のものになります(^-^
見た目はWi-Fiのルーターです。

 

多くの場合フェムトセルは、Wi-Fiを飛ばすルーターに接続してau電波に変換します。
つまり、家の中からフレッシュな電波を飛ばすためかなり改善します。

 

※この改善機器はフェムトセルと適合したインターネット回線が必要になります。
※適用外のインターネット回線の場合は設置しても動作しないため「レピータ(増幅器)」の設置になります。

 

下記のau公式サイトを参考に自分のインターネット回線がフェムトセル適応か非適応か確認とれます。
フレッツ、コミュファなど光回線の方はコチラ
↓↓↓
https://www.au.com/mobile/area/dennpa-support/femtcell/ftth-volte/

 

ケーブルテレビ回線の方はコチラ
↓↓↓
https://www.au.com/mobile/area/dennpa-support/femtcell-volte/catv/

 

レピータ

UQモバイル
※au公式サイトより参照
レピータ(増幅器)は、簡単にいうと「外の基地局から飛んできている電波を増幅する中継器」になります。
電波がより良い場所においてあげることで良い電波をレピータで増幅できるものになります。
電波はガラス窓から入ってきやすいため、多くの場合は窓ガラスに沿っておかれています。

 

ただ、家の中の電波を増幅しているため、家の中の電波が悪すぎると効果が出ない場合があります。
オプションで「ドナーアンテナ」というものを外に設置することもできます。
こちらも無料で設置してくれます。小規模な工事が必要になりますが、レピータを使ってる方の多くはドナーアンテナも併用して使っていることが多い用です。

 

 

UQモバイルには電波改善サービスはない

 

こうしたサービスは大手3キャリア(docomo、au、Softbank)にはありますが…

 

UQモバイルなどの格安携帯では利用できないサービスになります。

 

なぜなら「au電波サポート24」は無料のサービスですが、au側としては費用がとてもかかるサービスになるからだそうです。

 

auがUQモバイルよりも携帯料金が高いのはこのような理由もあげられるのでしょう。

 

auからUQモバイルに乗り換えた場合でも、改善機器は継続利用可

 

「UQモバイルを契約してから家で電波が悪かったら困るじゃん!」

 

ってなりますよね!

 

はい。
困ります。。
携帯代をいかに安くしようとも、家で使用できないのは致命傷です。

 

そのためできること、

 

ある意味で裏技があります!

 

それが、冒頭でも述べました。

 

@auで契約(すでにauを使っている場合はそのまま継続利用)する。

 

A「au電波サポート24」を利用して改善機器を無料で設置する。

 

Bそのあと、UQモバイルに乗り換える

 

という流れを踏めば、
UQモバイルなのにauの改善機器(フェムトセル、レピータ)を使用できるということが可能になります。

 

知り合いに聞いてみたところ(auのショップ店員に教えてもらったみたいですが)、

 

「今までは、auからUQモバイルに乗り換えされた場合は改善機器の撤去の運びとなりした。しかし、2021年6月ごろからauからUQモバイルに乗り換えされた方でも改善機器の継続利用ができるようになりました。」

 

とのことでした。
これは、知らないと場合によっては損だなぁ〜と思いました。

 

これは最近決まったことのようですので、まだあまり知られていないのが現状のようです。

 

なので、勝手に「裏技」と言っております(^-^;

 

それで、
au携帯を使っている方、UQモバイルに乗り換えを検討されている方にとっては朗報だと思いブログにしました。

 

でもでも、場合によっては、この裏技ができなくなるような変更される場合もありますよね。
一番は、お近くのauショップの店員さんに聞いてみるのが確実だと思います。

 

「auからUQモバイルに乗り換えた場合でも、au電波サポート24でレンタルした改善機器(レピーター、フェムトセル)は継続利用可能ですか?」

 

そのように聞いてみて、「YES」の回答であれば、この裏技やってみても良いと思います。

 

 

デメリットや注意点

 

最後に、この裏技をやってみる際に
考えるデメリットや注意点を上げてみました!

 

@auからUQモバイルに乗り換えされる際に違約金が発生する可能性。

昔みたいに1万円近くかかっていた時代は終わりました。
でも、登録の手数料程度(1000円ほど)かかる可能性は持っておいた方が良いでしょう。
「auからUQモバイルに乗り換える際の各種手続きが0円(2021年2月以降)に変更された。」
という情報も公式サイトでも載せられておりましたので大丈夫だとは思いますが。

 

Aauを使用している期間はauの料金プランが適用される。

auを使用している期間はauの料金プランが適用されるとなると、それまでの間はUQモバイルの利用料より高いでしょう。

 

B改善機器で必ず電波が改善されないコトもある。

特にレピータなどは基地局からの電波を増幅しているものなのでお住まいの場所の環境によっては効果が出にくい場所もあるようです。
フェムトセル(小型基地局)を設置された際ははかなり効果が高いみたいなので心配は少ないですが、設置できるインターネット回線をauショップの店員さんに聞いてみましょう!
フレッツ回線(コラボ回線含む)、コミュファ光は基本的に設置できるようなことは聞いております。

 

また、下記のau公式サイトを参考に自分のインターネット回線がフェムトセル適応か非適応か確認とれます。
フレッツ、コミュファなど光回線の方はコチラ
↓↓↓
https://www.au.com/mobile/area/dennpa-support/femtcell/ftth-volte/

 

ケーブルテレビ回線の方はコチラ
↓↓↓
https://www.au.com/mobile/area/dennpa-support/femtcell-volte/catv/

 

まとめ

上記の情報を知っていかがだったでしょうか?

 

すでにauの方も、
auに乗り換える方も、
UQモバイル(裏技の使用)を考えてる方も含め、

 

「au電波サポート24」のサービスを使ってみてはいかがでしょうか!?

 

無料ですし、電波が改善が少しでも良くなると嬉しいですよね。

 

ちなみに、auの「au電波サポート24」は、
申し込んだ最初から、経験を積んだ訪問スタッフが一軒一軒の家を訪問してベストな提案をしてくれます。

 

docomoやSoftbankは、郵送での対応などがメインだと聞いておますので、
申請に不備があったりすると設置まで時間がかかってしまったりすることも考えられます。
まぁ〜訪問されるのが面倒な人はこの限りではありませんが(^-^;

 

auの「au電波サポート24」は、個人的にはすごく良いサービスだと感じます。

 

では今日はこの辺で!

 

バイバイ(@^^)/~~~